<鬼沼>

 鬼沼湾を渡る橋立(砂の架橋現象)
湾から臨む磐梯山は何度見ても飽きない
という美しさです。
またこの一帯には昔から魚介類が多く
生息しており、コオホネや絶滅の危機に
あるイチョウウキゴケなど貴重な生態系
が多く残っています。
<屏風ヶ岩>

 湖南港左手の中ノ沢湾に突き出ている
巨岩が、湖水を背に屏風を立てたように
威容を誇っています。青松が枝ぶりよく
岩に生え、素晴らしい景観となった猪苗代
湖有数の景勝地です。
<ミズバショウ>

 古道・鎌倉街道沿いの馬入地区の
ミズバショウ群生地の面積は約1ヘクタール
ですが、ハンノキ林の湿地に数千株の
ミズバショウ群生がみられ、4月下旬から
5月上旬にかけての開花期は壮観です。
<風力発電>

 平成19年、標高1000mの山頂台地に
当時日本最大の風力発電基地(事業費
120億円)として、高さ約100mもある風車が
33基建てられました。
その高原での360度のパノラマ絵巻は
素晴らしく、特に猪苗代湖と磐梯山を
見下ろす風景は箱庭そのもの。
新しい観光スポットとして年間20万人も
訪れます。
<湖南七浜>
浜路浜 〜はまじはま
 夕日が美しく、また冬には名物の「しぶき氷」
が美しい浜。
郡山水道の取水塔が目印で小石を敷きつめた
ように砂泥の少ない澄んだ水辺です。

横沢浜
横沢浜 〜よこさわはま
 桜並木が大変美しく、浜辺は遠浅で30m沖
でも大人の膝くらいの浅瀬が続く湖南浴基地
として親しまれ、郡山市少年湖畔の村があります。
舘浜 〜たてはま
 松の木が密集し「一目千本」とたたえられる
景観を呈し、その規模は我が国の湖沼群生林
の中では随一と折り紙が付く風光明媚な浜です。
毎年7月には「湖まつり」のステージとして
賑わいます。

舘浜「一目千本の松」
舟津浜 〜ふなつはま
 桟橋が目印の地方港湾・湖南港周辺の浜辺で
鏡のような湖水に映る磐梯山は美しく、紋付袴
の磐梯山とも称されています。
今も猪苗代湖上遊覧の基地として賑わって
います。
青松浜 〜せいしょうひん
 福良浜の一部の名勝地で、対岸の長浜に
御用邸・天鏡閣が誕生した明治41年、湖上
遊覧の皇太子(のちの大正天皇)がその絶景
に感嘆し、青松浜と命名されました。

舟津浜
中浜 〜なかはま
(福良浜 〜ふくらはま)

 戦国大名の会津芦名領時代から港口番所が
置かれていました。
高砂の夫婦松があります。
秋山浜 〜あきやまはま
 会津芦名領時代から舟津港とともに、湖上
交通の主要港として栄えた浜です。