福良地図
「千手観音」

ヒノキの一木造りで、像の高さは
173cmもあります。
仏様の手の数は臂と数え、背中と
左右に19臂ずつ、鉄鉢を持つ手を
合わせて40臂あります。
それぞれに眼を持ち、25の世界の
衆生(生きとし生けるもの)を救う
ので千手千眼観音とも言います。






「千手院のサクラ」

千手院から見下ろす溜池の
土手に一本のサクラがあります。
花の時期ともなると、池を水鏡にして
化粧するようにも見える姿が
とても魅惑的で、カメラマンの隠れた
スポットになっています。

「千手観音堂の夫婦モミ」


千手院に向かって左側のモミは
樹高40m、右側にのモミは平成
2年に落雷を受け、樹高20mに
なってしまいました。
2本とも推定樹齢400年です。






「隠津島神社社叢」

植物200種以上が入り混じって
見られる学術的にも価値が高い
もので、野鳥の楽園にもなって
います。
境内林として数百年も斧が
入れられなかったため、原始性
が残る貴重な森林です。


「藩領境の大松」


樹高15m、推定樹齢250年の
アカマツです。
江戸時代の中頃に、会津領と二本松領
の藩境の目印として
植えられたものと
考えられています。