郡山地区の伝説件数
<座頭ころばし>


   頃は天保時代。
 座頭市の親分・飯岡の助五郎が笹川繁蔵を暗殺したことで渡世人稼業に嫌気をさし、
 盃を返したが追われる身となります。
 奥州路を逃げのび、福良の宿でバクチを打ち勝ちすぎたとか。
 舟津港から舟に乗ろうとする座頭市は山道で待ち伏せされ、断崖絶壁から湖畔へ突き落と
 されました。
  座頭市は小磯集落の農婦に助けられ、九死に一生を得たが足が不自由になり、ここで
 暮らすことになったという。
 風の便りに尋ねてきた女房のおたねと農家の手伝いをして暮らしていたが、
 座頭市の死後おたねは弟子の寅吉を頼って若松へ移ったという。
 若松の井上浄光寺に座頭市の墓があります。

<乳地蔵>


  昔、舘村のある嫁っこがややこ(こども)をなしたが乳が出ず、ややこは泣いてばかりいだど。
 嫁っこは毎日、神さま、仏さまに祈願したど。
  ある朝、畑仕事に行くとき、五輪塚の清水を見て乳の出ない我が身をなげいだど。
  その夜のこと、嫁っこの夢枕に二体の地蔵様が現れ、「我々は五輪塚の清水のほとりに
 埋もれている双体地蔵なり。廃仏毀釈(はいぶつきしゃく)により池のほとりに埋められて
 しまったが、早く現世に戻りたい・・・」といって消えたど。
  嫁っこはハッと驚いて目がさめ、亭主とその場所に行って掘ったら、お告げの通り二体の
 地蔵様が現れ、それを洗い清め安置して清水をそそぐと、たちまち嫁っこに乳が出るように
 なったそうだ。
 それ以来、村中の女の子たちはそこを通るたびに清水を注ぐようになり、
 地蔵様は乾く間がながったど。
 ※廃仏毀釈・・・明治維新直後に神道立国を掲げた頃の、仏教排斥運動のこと。